終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。3話感想を紹介しています。

 

 

手マンされてしまうみのり。

上司の指使いが本当に気持ちよっそうでした。

 

あの

細い指。

 

そして

長い指。

 

 

5本の指を上手に使って、みのりのアソコを丁寧に、そして激しく愛撫・・・。

 

女の子なら、あんな風に触られたら誰だって、イッてしまうでしょうね♪

 

 

いつもは重たい物なんて、持たないんでしょうね。

あんなに女の子みたいに、綺麗な指なんですもん。

 

 

だけど、手マンするなら太くてゴツゴツした指か、細長くてしなやかに動く指が良いですよね。

 

女の子よりも女の子らしい指だと、ちょっと嫉妬というか、悔しい気持ちにもなりそうですけど。

 

 

だけど、その指で敏感な所を丹念に触られたら・・・。

 

 

そして、普段は上司。

いつも怒ってばかりの上司に、あんな誰にも見せれないトコロをさわられて・・・

 

 

イケナイ場所で、イケナイ行為。

会社の皆には絶対にバレてはいけない・・・。

 

 

そんな背徳感で、狭いカプセルホテルの部屋で、イッてしまったみのり。

 

 

うん。

女の子なら、誰だって、イッてしまいますよね♪

 

 

羽多野さんみたいに、カッコイイ男なら誰だってイッてしまうのは間違いのないこと。

 

 

例えば、多少不細工でもイッてしまう。

いや、イカないし、マ◯コなんて、絶対に触らせない。

 

 

仕事が出来るから、尊敬もしていたし、許せたんだと思う。

 

 

「終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。」3話は

今までの中で1番エッチでした♪

 

女の子って、あんな風に感じてしまう。

男の子の前で、エッチな姿を見せた事がまだない女性は、今回の3話は絶対に読んだほうが良いですよ(*´ω`*)

 

 

あんなに股を広げても大丈夫なんだー

 

って、くらいにみのりは、股を広げて思いっきり感じています。

(男の人って、あんな格好しても引かないっていうのがよーくわかります♪)

 

 

次回の「終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。」4話からは、カプセルホテル編は終了して、みのりと上司は、会社で・・・・

 

って内容になります。

 

 

あんなにみのりの仕事のデキを否定していた上司が、みのりの事を評価します♪

(頑張っててよかったね!みのり!って思いますよ~)

 

→「終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。4話感想」

 

 

→「終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。」3話ネタバレはこちら