終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。2話感想です。

 

 

終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。2話を読んで・・・。

 

 

羽多野さん。

やりすぎです・・・。

 

キスはまぁ、いいです。

キスだけなら。

 

 

おっぱいを偶然、見れたからってスイッチ入りすぎです!

 

そんなにみのりのおっぱいで興奮しちゃいましたか?

 

って、感じですw

 

 

だけど、抵抗しないみのりもみのりだなーって・・・。

 

 

やっぱり、上司の羽多野さんの事。

前から好きだったんでしょうかね。

 

 

だけど、やっぱり「終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。」2話を何回読んでも、

 

羽多野さんって、強引なんですよね。

普通、声が出てしまうのは当たり前の事で・・・。

 

カプセルホテルにいるから、声が出ちゃったら周りにバレてしまうのも、当然な訳で・・・。

 

 

だからって、パジャマを

「咥えてろ!」

って無理矢理口に突っ込まなくてもいいですよね~。

 

 

女って、そんな「モノ」扱いされたくないですよ!

 

そんな事もわからないで、女物の洋服なんて、デザイン出来ませんよ?

 

 

それとも、

女って、こうされると喜ぶ!

とでも、思っているんでしょうか。。。

 

 

強引な男に惹かれる。

 

そんな事をテレビで、どこかの芸能人が言っていたかもしれませんが、それってちょっと別な意味だと思うんですよね。

 

だけど・・それをきっと勘違いしてしまったんでしょうね。

 

 

可愛いとは、言えませんけど

男の人って、そういうの一生懸命にやっちゃうから・・・。

 

今回はまぁ。ドキドキ出来たので許しますけど♪

 

 

次回の「終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。」3話は、

エッチなシーンが大好物な人には

 

超オススメになっています。

 

 

あんな事、されちゃったら・・・。

女の子なら、誰だって・・・・。

 

って内容になっていますよ(^O^)

 

 

次回の

「終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。3話感想はこちら」

 

今回の

「終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。」のネタバレはこちら