淫語を言わされ種付けされまくった現役女子アナ3話ネタバレを紹介しています。

 

淫語を言わされ種付けされまくった現役女子アナ

 

淫語を言わされ種付けされまくった現役女子アナ青山栄子

 

淫語を言わされ種付けされまくった現役女子アナ3話ネタバレ(行為や心境)

 

まだAVに出る覚悟を決めきれていない女子アナが、大勢のスタッフの前で

 

服を脱がされてしまいます。

ブラを外されてしまいます。

乳首を指で触られてしまいます。

気持ち良くて固くなってしまった乳首を舐められてしまいます・・・。

 

AVの撮影は進んでいき、女子アナは

 

パンツを脱がされてしまいます。

AV男優に手マンをされてしまいます。

クンニをされてしまいます・・・。

 

その全ては、カメラで撮影されてしまっています・・・。

 

今回の「 妹のために…身代わりになった某有名女子アナ」は、あまり淫語を言いません。

 

「私の乳首が多くの人に見られるのね・・・。」

 

「私の裸を見て、自慰行為をするのね・・・。」

 

これは淫語を言ったというか、AV撮影中の女子アナの心の声です。

(あんなに綺麗な女性が「自慰行為」なんて恥ずかしい言葉を知ってるんですね。心の中で思ったという事は男の人のオ◯ニーを想像したってことですよね?女子アナのくせにエロい女です♪)

 

 

「前戯なんて止めて、早く挿れてください!」

 

今回の「妹のために…身代わりになった某有名女子アナ」3話で女子アナが言った淫語はこれ一回です。(もしかしたら、見落としてしまってるかもしれません。アナタの目で探してみて下さいね。)

 

AV男優のチ◯ポを見て、目をそらして顔を赤くしてしまう女子アナ

 

「じゃあ、挿れるよ。」

 

男優がパンツを脱ぐと

ボロンっ

黒いビキニパンツから勢い良く飛び出したチ◯ポ。

 

 

それを見た女子アナは、

 

「こんなの入らない・・・。」

 

なのか

 

「セ◯クスレスで敏感になってるのに、あんなにデカイチ◯ポを挿れられたらどうなっちゃうの?」

 

なのか、

 

「あんなにデカイチ◯ポを挿れて欲しい。」

 

なのか・・・。

男優のチ◯ポを見て、顔を赤くしてしまいます。