【DMMコミック】同人:文学女子に食べられる SP/PC-SEO

僕は、
大学の文学サークルに所属している。

サークル室で本ばかり読んでいた。

 

よく、サークル室で一緒になる女の子がいた。

その女の子も余程本が好きなのか、二人きりになることが多い。

 

 

とても気になる・・・

仲良くなりたい・・・

 

 

だけど、
僕は地味な性格。

今まで女性と交際経験もない。

 

 

だから自信がない。

 

積極的に話したいけど・・・

 

 

本当は、あの女の子ともっと仲良くなりたい!

 

 

女の子と一緒にいる時、そんな妄想ばかり続いていた。

 

 

女の子は何故か、

本を読んでいるのに、たびたび僕のことをじっと見てくる。

 

 

「何か話したいのかな?」

 

 

と思って話しかけてみても、素っ気ない態度を取ってくる。

 

 

掴みどころのないその女子を、怖がる人も多い。

 

でも、

妙な色気

を放っている気がしていた。

 

 

その色気のせいで、

悶々とした気持ちを抑えるのに必死だった。

 

 

そんなある日、

その後輩から飲みに誘われた。

 

 

少女と飲んだそのあと、

 

まさか。。。

 

あんなことになるなんて。

 

 

愛を告白された日に、

童貞を奪われてしまうなんて・・・

 

 

 

耳元で囁かれる度に、

ゾクゾクとカラダは震えてしまう。

 

 

耳を舐められ、

耳の中に舌を入れられ・・・

 

 

おっぱいを僕の腕に当ててくる。

 

 

「せんぱい、知ってるんですよ。」

 

 

「私と一緒にいる時、トイレでシコってますよね?」

 

 

「私、男の人の精子のニオイってわかっちゃうんです。」

 

 

「私を思いながら、精子をだしてるんですよね?」

 

 

 「文学女子に食べられる」

無料試し読みはこちら

↓ くりっく ↓
【DMMコミック】同人:文学女子に食べられる SP/PC-SEO

文学少女に食べられるネタバレ後編

 

「うれしい・・・」

 

 

「先輩・・・。」

 

 

「こっちも食べちゃってもいいですか?」

 

 

ズボンを下げて、

パンツの中に手を挿れてくる文学少女。

 

 

今まで見てきた印象と、

いつも本ばかり読んでいる印象からは想像がつかない行動をする少女。

 

 

「いつも文学系の本ばかり読んでいる少女と思っていたけど、全然違う・・・。」

 

 

「文学部のサークルでよく二人きりになることが多かったけど、こんなことになるなんて・・・」

 

 

「僕は文学部で友達も少ない。」

 

 

「だからといっていいのかわからないけど、童貞だ・・・。」

 

 

「大学に入ったから、童貞は簡単に卒業出来ると思っていたけど、文学部ではダメだった。」

 

 

 

だけど、それが

こんなに可愛い文学部の少女に童貞を食べられる

なんて・・・

 

 

しかも、文学部のその少女は、

いつも本を読んでいるからだろうか。

 

 

文学部の僕でさえ、

知らないようなことをしてくる。

 

 

童貞の僕には、

とてつもなく刺激的で、

興奮する数時間をすごしていくのでした・・・。

 

 

「文学少女に食べられる」は面白い漫画ですので、読んでみて下さいね。

 

「文学女子に食べられる」

無料試し読みはこちら

▼ クリック ▼

【DMMコミック】同人:文学女子に食べられる SP/PC-SEO