ビッチが田舎にやって来た4話は、
休日。
親に頼まれて、チビッコのお守りをすることになった上原さん。
近所のチビッコ3人を引き連れ、川に遊びにやってきました。
遊んでる最中、
コソコソ
と話しをするチビッコ。
そのうちの1人が勇気を出して、上原さんに聞いてきます。

「お・・・」
「お姉ちゃん」

「エ・・・」

「エッチなことさせてくれるってほんと?」
驚く上原さんでしたが、ちびっこの
「僕、お姉ちゃんがキレイだと思っていて・・・。

「こんなにキレイなお姉ちゃんが好きで・・・」
チビッコに褒められて、嬉しくなってしまう上原さん。
最初は、「何でチビッコにエッチな事してあげないといけないの!」
と怒っていましたが、次第に心を許し、エッチな事をしてあげてしまうのでした。
下の感想で、もっと詳しくネタバレもしていますので、ご覧になってくださいね♪

ビッチが田舎にやって来た4話感想

上原さんの水着姿。
眩しいくらいに、似合ってました♪
上下ビキニ。
面積の小さすぎる布で、セクシー。
よくテレビで上原さんみたいな水着を着ている女の子を見ますが、「ああいう女の子」を見る度にビッチなんだろうなー。

セ◯クスばっかりしてるんだろうなー。

って思っちゃいます。
で、上原さんと一緒に遊びに来たチビッコ。
ずっと思っていたんでしょうね。

「おねえちゃんにエッチな事を教えてほしい」って。

最初、怒られるんじゃないか?ってドキドキしていたけど、言ってみて正解でしたね。
女の人って、褒められると悪い気はしない生き物とは知っていましたが、セ◯クスまでさせてくれるとは。

女心を利用したチビッ子の見事な勝利です。
チビッコの小さいオチンチンでも感じる上原さん。
感じるのに必要なモノって、大きさや硬さやテクニックではなく、”気持ち”なんですね。
ビッチの上原さんが、あんなに気持ち良く感じてしまうんですからね。